「名は体をあらわす」というくらいですから、オナ電サイトにおける自分の名前はとても大切です。もちろん自分の本名ではありません。ニックネーム(通称)のことです。

名前をつけるのは楽しいですが、意外に難しかったりします。幼いころペットを飼うことになって名前をつけたりしたことはないでしょうか。そういう経験がある人は名前を決める楽しさと大変さを知っているかもしれませんね。

これからずっと使うものですから思い入れのある自分でも愛着の持てる名前にしたいものです。よく親が生まれてきた子供につけるとき、自分の名前の一部を使ってつけることがあります。

例えば「健司さん」というお父さんの名前から一文字をとって子供を「健太くん」にするといった具合です。そのような付け方もよいでしょう。

それならば、もしオナ電サイトで出会った人と直接出会っておつきあいに発展した時も呼び名が近いため違和感もありませんからスムーズに呼び合う仲になれるかもしれません。

また逆に自分の名前からは離れてみるのも、日常を忘れて違う世界を楽しむ感があって楽しいと思います。例えば自分が尊敬している歴史上の人物だったり、好きな芸能人だったり、話題の人物でもよいでしょう。

しかしあまりにもイケメンすぎる俳優さんや旬な話題の人物からとるというのも考えものな点もあります。

あまりにかっこいい俳優さんだと、そのイメージを勝手に作られてしまい、会った時にギャップで失望されてしまう恐れがあります。

また話題の人物というのも、流行まっただ中の時であれば違和感はありませんが、少し時がたつと、かえって古臭く時代遅れのダサい印象になってしまいがちなものです。いずれにしろ、よい出会いを探し出すために素敵な名前をつけたいものです。

オナ電アプリに登録している女性はどんな人?

良くあるオナ電サイトのやり取りで、写真の交換があります。お互いに顔を知らないし、第一印象を決めたり、相手のイメージを掴むためにも、必要なことです。

しかし、自分をアピールするために、何度も写真を送ったり、ソーシャルネットワークで、毎日写真つきの日記を書いている人を見かけますが、断じて人気がありません。

なぜ人気が無いのか、理由は簡単なのです。自分の写真ばかりを撮っていると、ナルシストだと思われてしまうからです。お笑い芸人でもナルシストキャラクターはうざがられて、嫌われるほど、マイナスイメージなのです。

仮に相手に直接写真を送る場合でも、友達と写っている写真やプリクラが良いですし、ソーシャルネットワークの日記やアルバムには、自分ばかりでは無くて、ペットや車、出掛けた先の景色、美味しかった食事なども載せると、観覧数も増えます。

自分の写真は極力載せないようにすることで、顔が見てみたい。と言ってくる女性もいます。その場合であっても、すぐに送ってしまうのでは無くて、仲良くなったらね。

と軽くあしらうくらいのほうが、軽々しいイメージも無くて好印象です。男性も軽いのは嫌われてしまいます。誰にでも写真を見せてるんだ。と思われてしまったら、女の子からの返事も来なくなってしまいます。

本当はすぐに送りたくても、敢えて焦らして見ることで、女の子の興味を引き付ける事が出来るので、これも一つの手段です。

仮にメールで写真を送る場合でも、携帯に保存してあるものを送るよりも、その場で写した写真を送ったほうが、誠意が伝わりますし、私にだけ送ってくれたんだ。という印象を与える事が出来ます。

写真も送るタイミングや送り方で、今後に大きく影響しますから、是非このように、使い分けてみてください。